ビジネスローン・カードローンなど事業資金調達のための融資情報

事業ローン|事業資金調達に役立つ事業融資情報

事業資金の調達先

事業資金を新たに調達する必要がある方にお勧めのカードローンを紹介します。

銀行の融資やビジネスローンですでに借りているいて借りられない方や断られてしまった方でも相談できる事業融資をしてくれるところをお勧め順にランキングしています。

ビジネクスト

安心のアイフルグループ

保証人・担保不要
事業資金として総量規制対象外
来店不要で申込
年会費保証料不要
法人・個人事業主OK
融資額1万円〜1000万円(新規500万円)
実質年率8.0% 〜 18.0%

ビジネスパートナー

最短1日で審査
保証人・担保不要
事業資金として総量規制対象外
来店不要で申込
融資額50万円〜500万円
実質年率9.98%〜18.0%

カードローンでの資金調達

消費者向けのカードローンでの資金調達はできるでしょうか?ノンバンクのカードローンは、個人事業主の場合事業資金としての利用も認めてい所は多いです。しかし、事業資金として借りた場合でなければ総量規制がかかってきますので、借りられる金額は少なくなります。
銀行のカードローンの場合は総量規制はかかりませんが、事業性の資金として利用することができないところがほとんどです。事業資金は別途ビジネスローンという形で商品としているところもあります。
銀行のカードローンの利用方ほとしては、従来の生活資金を事業資金に回して、生活資金か゜足りない場合にカードローンでキャッシングをするという使い方になると思います。
カードローンの情報は、人気カードローンのランキングなどをしているサイトがあるのでそこで情報収集するといいでしょう。

民法の大幅な改正に取り組んでいる法制審議会で、今、中小企業が融資を受ける際にたいてい求められる、「個人保証」を許さないという案が検討されています。

経営とは全く関係のない第三者が、経営者の融資の担保となることが経営破綻の際に大きな問題となっていることから、この慣習を排除しようという動きは以前からありますが

日本の長年の慣習として、それが無ければ貸しては、融資しないという事がおきるため、安易にこれを法制度化してしまうと、大木の中小企業が融資を受けられなくなるという可能性もあり、

簡単には実行できないものと思われます。すでに、2011年に「第三者保証」については、金融庁が、大手金融機関への監督指針として、原則禁止はしています。

そのことについては、当サイトでも以前の記事に書いていますが、これが法制度化され、中小企業の多くの融資元となっている金融業者にまで広げることが果たして可能なのかどうか・・・

中小企業金融円滑化法が3月末で、もう延長は無ということで、中小企業の資金繰りに対する不安が広がっています。

金融機関の融資がより厳しくなると不安視している中小企業が半数以上に上っているようです。

金融機関自体は、とくに厳しくなることはないという見解を出していますが・・・現実はどうでしょうか。

輸出企業については、円安が始まっていますし、今後もこの流れ場続きそうですから、悪い方向ではないような気がしますが・・・

急激な円安は、原材料や燃料、高熱誌に反映して、コストが厳しくなる可能性もありますね。

融資に頼らず、資金調達する方法の一つとして、保険積立金がないか見直してみよう。

何年も会社経営してきているのだったら、保険積立金が結構たまっている可能性があります。

決算書を見直してみれば、「保険積立金」がいくらあるかわかるはずです。

定期以外の保険のタイプ、終身保険や養老保険であれば、積立になりますので、貸借対照表では資産科目のなかに、保険積立金などとして勘定科目に入っているはずです。

この積立金を利用して資金を調達する方法も1つの選択肢です。

信用保証協会の保証付きで銀行から融資を受けることは、中小企業の資金繰りに今なく名手はならない存在となっています。

リーマンショック以降は、特に、担保もなく、経営も苦しい状況で、銀行の貸し渋りも多いことから、国が4.5兆円の税金を、公庫につぎ込み、信用保証協会の支援をしていますが

この信用保証協会が融資した11年度分の融資について、2441億円もの融資の焦げ付きついて、税金が投入されたということです。

最後の救済措置とされるセーフティーネットでの融資の事故率は、8%に達し、1161億円が使われたそうです。

海外の資金作りの方法として日本にも知られるようになったクラウドファインディングという方法があります。

金融機関からの融資ではなく、また投資家による出資でもない、第三の資金集め方法として注目されています。

米国では、かなりの資金集めの実績があり、それで起業している人も出ています。

資金が欲しい人と、その商品化や、事業の実現のために、資金をちょっとだけ出す個人、そして、それを仲介する運営者の3社で構成されるという仕組みです。

開業するにあたって、資金がどの程度必要なのかという事を参集することはとても重要です。

融資を受けるための審査で必要な事業計画書も、相手を納得させるものが作れません。

起業とその事業の継続に必要な事業資金をきちんと算出できないのならば、起業してからの事業の成功も怪しいものになってしまうと思います。

ですから、起業するのだったら、独立開業資金をきちんと出すことができるようになっておきたいものです。

まず、開業に必要資金は大別すると、「運転資金」と「設備資金」の2つになります。

設備資金というのは、営業所や店舗などを取得するための資金で、保証金や敷金、礼金、仲介手数料、看板や内装の費用、什器などです。

何かを製造するのだったら、製造機械なども設備になりますね。

最近はつぜっくおめでとうリースという方法もありますので、コピー機や、パソコンなどは、リースとして毎月の経費のように扱う方法もあります。

多重債務者問題で、金利の見直しや総量規制ができましたが、

この規制が、実は短期の資金調達や銀行から新たな融資を受けるまでのつなぎ融資として、ノンバンクを利用していた中小企業の資金繰りについて大打撃を与えたといわれています。

結果、、ノンバンクで短期資金を調達していた、中小零細企業は、闇金融を利用してしまう事になり、

よる悪い結果を招いてしまったということから、

この貸金業法の規制緩和をする必要があるという動きが出てきています。

まず協調融資とはどんな融資のことをいうかといいますと。

複数の金融機関から、事業に必要な借入金を総額で受けることです。

どんな時に必要かというと、例えば新規事業を展開するために、3000万円の設備資金が必要になったとします。

そこでメインバンクに融資を依頼したところ、2000万円だったら融資が可能だと言われました。

つまり、必要な資金が足りないという事になります。

そんな時に、別の金融機関にその事業内容を説明して、不足する資金分を補う形で融資をしてもらうというような場合です。

全く自己資金なしで開業することはまずありえません。

開業資金を融資で賄うにしても自己資金なしではどこも相手にはしてくれませんから。

それでは実際に開業した人は、どの程度の自己資金を持っていたのかという事を知りたくなります。

2000年代に入ってからのデータですと、開業資金として自己資金がいくらかというデータをみると、おおよそ400万円ぐらいだそうです。

だいたい40歳代のサラリーマンの退職金ぐらいという事になるのではないかと思います。

独立開業する場合、自己資金が重要という事は前回の記事で書きましたが、

では、どの程度の資金の融資が受けられるのかという事を考えてみましょう。

基本的には、多くて自己資金の3倍まで、普通は自己資金の倍が融資を受けられる順当な金額です。

またもう一つの指標として、年収500万円のサラリーマンが受けられる事業融資の額としては、

その年収の3倍が妥当という考え方もできます。

うまくいかなくて事業をたたんだ場合、そのぐらいだったら返済可能な額ではないかという判断です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
民間貸付資金 公的貸付資金 事業資金について 資金繰りの基礎知識 借入金返済方法 上手な資金調達方法